BDディスク

別名:ブルーレイディスク
【英】Blu-ray Disc

 

Blu-ray DiscTMの略称。ブルーレイディスクアソシエーション(Blu-ray Disc Association)で規格化された、青色レーザとNA 0.85対物レンズを用いて記録再生を行う光ディスク。
 

代表的なBDディスク及びCDDVDディスクの種類

記録媒体   追記・書換区分  記録層数  容量
 BD  BD-R  追記形  1層/2層  25GBytes/50GBytes
 BD-RE  書換形  1層/2層  25GBytes/50GBytes
 CD  CD-R  追記形  1層  640MBytes/700MBytes
 CD-RW  書換形  1層  640MBytes/700MBytes
 DVD  DVD-R  追記形  1層/2層  4.7GBytes/8.5GBytes
 DVD+R(*)  追記形  1層/2層  4.7GBytes/8.5GBytes
 DVD-RW  書換形  1層  4.7GBytes
 DVD+RW(*)  書換形  1層  4.7GBytes
 DVD-RAM  書換形  1層(両面)  4.7GBytes(9.4GBytes)

 (*)これらの名称は俗称であり、国際基準のISO/IEC規格やECM(欧州コンピュータ工業会)規格では、+Rフォーマット、+RWフォーマットと記されている。

CD/DVD/BDディスクの構造模式図


(「電子化文書長期保存のためのBlu-ray DiscTM検査基準及び取扱いに関するガイドライン」2012年4月、JIIMA標準化委員会)

 

ブルーレイディスクTMには記録型ブルーレイディスクと再生専用ブルーレイディスクがあるが、デジタル放送の番組を高画質のまま録画できる記録型ブルーレイディスクが先行して開発された。

外形は他の光ディスクと同じであり、ディスクの厚みは1.2mmで直径が12cm又は8cmであるが、現在は直径12cmが主流になっている。高性能を実現するため、レーザー光にDVDより波長の短い405nmの青紫色レーザーが採用されている。また1.1mmのポリカーボネート基板上に設けた記録層の上に0.1mm(25GB(単層)の場合)のカバー層を形成し、レンズの開口数(レーザー光を絞ることのできる度合い)も0.85と大きくし、レーザー光のスポットをより小さく絞れる設計となっている。

記録型ブルーレイディスクには一度だけ記録できるBD-Rと繰り返し書き換えができるBD-REの2種類がある。またそれぞれ「録画用」と「データ用」の用途に分けられている。「録画用」は主にデジタル放送の番組をブルーレイディスクレコーダーで録画する用途で、現行のテレビ放送における最高の画質を楽しむことができる。「データ用」は動画や画像などのデータを記録する用途で、図書館や公的な文書データのアーカイブにも使われている。

再生専用ブルーレイディスクはBD-ROMと呼ばれ、現在は映画のソフトが主流である。


記録型ブルーレイディスクの構造
BD-R/REの25GB(単層)、50GB(2層)の構造図を下に示す。

※ BD-R/RE 25GB(単層):基板の上に反射層から保護層までの4層からなる記録層が1層あり、この記録層の上に透明カバー層がある。透明カバー層の上にさらにハードコート層がある。
※ BD-R/RE 50GB(2層):基板の上に反射層から保護層までの4層からなる記録層が2層あり、この記録層間は中間層と呼ばれる樹脂層で分離されている。そしてこの記録層の上に透明カバー層、さらにハードコート層がある。

 (参考:日本記録メディア工業会ホームページ)

 

  


参考 

電子化文書長期保存のためのBlu-ray DiscTM査基準及び取扱いに関するガイドライン