CD

別名:コンパクト・ディスク
【英】compact disk

 

デジタルデータを記録する媒体で、もともとは音楽レコードに代わるものとしてフィリップスとソニーにより開発された。直径12cmまたは8cm、厚さ1.2mmの円盤であり、記録可能な容量は650MBまたは700MBである。

CD-ROM の記録の仕組みは、ディスクの記録層にあるトラックに並んでいるミクロン単位の小さな凹凸にレーザ光線(780nmのレーザ光)を当て、その反射光で信号を検出して読み出す仕組みである。


・ CD-ROM

読み出し専門のメディアで、音楽CD と同一のプロセスで量産され、主にソフトなどの配布に利用される。

・ CD/R(Compact Disc Recordable)

 1回だけ書き込みのできる媒体で、読み込みはCD-ROM 装置で読み込める。

 ・ CD/RW(Compact Disc Re Writable)

書き換えができる媒体であり、通常のCD-ROM 装置ではなく、CD/RW に対応したドライブが必要である。


ただ、CD-ROM、CD/R、CD/RW は互換性が問題になる場合があるので注意が必要である。