CD-R/RW

 

CD-R/RWの特徴
CD-Rとはデータを一度だけ書き込めるCDで、いったん書き込んだデータは消去できない。容量は通常のCDと同じ650MB(音楽74分相当)と700MB(音楽80分相当)の2種類がある。
CD-RWは相変化記録方式を採用し、ユーザーが任意のデータを何度でも書き込んだり消去したりできるCDで、容量はCD―Rと同じく650MBと700MBがある。

CD-R/RWの互換性
CD-Rのデータの読み出しは通常のCDと同じであり、CDドライブでCD-Rを読み取ることができ、パソコンを使って音楽を記録したCD-RをCDラジカセで再生することがでる。
一方、CD-RWも、データの読み出しの原理はCDと同じであるが、反射率が約20%と低いため、古いCD-ROMドライブやCDラジカセなどでは読み取ることができなかったが、現在販売されているほとんどのCDドライブやDVDドライブではCD-RWを問題なく読み込むことができる。

CD-R/RWの違い

CD-R、CD-RWともに書き込みができるが、CD-Rが一度書き込んだら上書きできないのに対し、CD-RWは何度も上書きができる(回数に制限はある)ようになっているのが違いである。

CD-R/RWの構造

 

CDの記録のしくみ
CDの基本的な記録方法はDVDと同じで、ディスクの反射層である金属の膜にディスクの内側から外側に向かって、渦巻状に小さな凸部分(ピット)でデータを記録し、これをレーザーで読み取るしくみになっている。ディスクを製造するときに、金属の型を使ってピットの形をコピー(プレス)することで、同じ内容のディスクを安く大量生産することができるのが特徴である。

CDを「焼く」とは
CD-Rにデータを書き込むことを、「CDを焼く」という。データを書き込む時、レーザーを表面に照射して色素を変化させることから、「焼く」という表現が使われるようになったのだといわれている。ちなみに、書き込みが終わったCD-Rを見ると、書き込まれた部分の色が変わっている。

倍速とは

CD-R/RWをご購入するとパッケージに「1-16倍速対応」、「4-12倍速対応」などが表記されている。これはCDやデータなどを録音、記録するときの速度のことである。音楽をタイプ80(録音時間約80分)のCD-Rに録音する場合、1倍速で約80分、2倍速で約40分、4倍速で約20分、8倍速で約10分、最大48倍速で約3分に録音時間を短縮できる。

再生回数
CDやDVDなどの光学ディスクは、読み取り装置からレーザー光を照射し、反射光を読み取るため、接触による磨耗の心配はない。その代わりにレーザー光によって、材質が変化したり劣化したりする可能性が指摘されている。しかし、現在までには、再生回数によって寿命に影響がでるという調査結果はない。

 

日本記録メディア工業会ホームページより)