DVD

【英】digital versatile disk / digital video disk

 

1996 年に登場したDVDは、大容量の記憶容量をもつ光ディスクである。映像や音楽などマルチメディアのデータを保存するために定められた規格である。もともとはビデオテープの代替として開発されたため、“Digital Video Disk”とされていたが、コンピュータ用途にも使えることから多用途の意味がある“Digital Versatile Disk”と呼ぶようになった。しかし、ビデオ用途では“Digital Video Disk”も用いられている。

大きさや厚さはCDと同一であるが、CDは1枚の板で作成されているのに対し、DVDは厚さが半分の0.6mmの板を2枚貼りあわせたものとなっている。読み取りには、650nmの赤色レーザーを使用する。

規格には、1 回だけ書き込み可能なDVD-R、DVD+R、複数回の書き込みが可能なDVD-RW、DVD-RAM、DVD+RW があり、さらに片面1層タイプ、2層タイプのほか、ほとんど使われることは無いが、両面1層、両面2層タイプのものまで種類が多く、互換性、用途に応じた選択が必要である。最大記録容量は片面1層記録で4.7GB、片面2層記録では8.5GB、両面各1層記録で9.4GBとなっている。

DVDディスクの直径は12cmであるが、データとデータの間の長さ(トラックピッチ)は0.74μm(マイクロメーター)になる(DVD-RAMは0.62μm)。マイクロメーターでは長さの間隔がわかりにくいため、たとえば直径が120mだとすると、トラックピッチは0.74mmという間隔になる。つまり直径の10万分の1以下という、高密度に高精度にデータを記録している。

DVDの構造

 


DVDの記録の仕組み
DVDに記録する仕組み、記録用の強いレーザー光線で記録層を変化させ、データを記録している。強いレーザー光を当てることで、記録層の色素を分解したり、相変化材料の結晶状態を変化させたりして、記録マークを作ってデータを記録する。DVD-R/+Rの場合、この記録マークは有機色素を分解して作られるものなので、データを記録した部分は元に戻すことはできない。

再生専用のDVD
再生専用のDVDには、映画ソフトのDVDビデオや音楽ソフトのDVDオーディオ、パソコンソフト配布用のDVD-ROMがある。これら再生専用のディスクは、ディスク基板の凹凸としてデータが刻まれているため、記録された内容の消去や書き換えはできない。

記録型のDVD
記録可能なDVDは「DVD-R/+R」「DVD-RW/+RW」「DVD-RAM」がある。いずれも「録画用」と「PCデータ用」があり、ビデオ録画やパソコンのデータを保存する際は、それぞれ目的に適した「録画用」または「PCデータ用」の記録可能なディスクを使う。


倍速とは
録画用DVDディスクを購入にはパッケージに「1~4倍速記録対応」、「1~8倍速記録対応」などが表記されている。これは一度ハードディスクなどに録画した映像を、録画用DVDディスクにダビングする時の速度のことである。標準(SP)モードでハードディスクに録画した2時間の映像を、録画用DVDディスクに1倍速でダビングすると約60分必要であるが、4倍速でダビングすると約15分、8倍速では約7分程度に短縮される。


+(プラス)」と「-(マイナス)」の違い
DVD-RやDVD-RWなどの「-(マイナス)」は、DVD規格の制定や規格の普及促進を図る組織『DVDフォーラム』で策定された規格であり、DVD+RWなどの「+(プラス)」は、DVD+RWフォーマットを推進する任意団体『DVD+RWアライアンス』で策定された規格である。記録と再生の基本的なしくみは同じであるが、録画や記録を行う場合は、それぞれの規格に対応した機器を使用する。ただし再生は相互の機器で可能。(一部機種では再生できない場合もある)

(参考:日本記録メディア工業会ホームページ)