JIIMAベストプラクティス賞

 

 

日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が、2007年(平成19 年)に設けた賞。先進的な文書情報マネジメントシステムを導入し、顕著な成果を出した企業・団体を表彰している。

これまでの表彰

  

第9回(2015年)
 「ユアソフト 領収書のスキャナ保存申請までの道程」
「高速道路総合技術研究所 NEXCOにおける高速道路資料の収集と保管」

第8回(2014年)
  「古野電気 貿易帳票管理システム構築による輸出入帳票の電子化と法対応

第7回(2013年)
  「群馬銀行 国税要件による口座振替依頼書の電子化
  「戸田建設 作業所返納書類のデジタル・マイクロ化

第6回(2012年)
  「東京豊島区における総合文書管理システム
  「伊藤病院 長期診療に対応する電子カルテと紙カルテの融合
  「日本飛行機 生産管理システムと連携した製造記録書の長期保存
  「日本水路協会 海洋の歴史的資料等のアーカイブ構築

第5回(2011年)
  「(株)パソナでのECMによる監査対応システムの構築
  「富山大学附属病院での電子カルテ環境での紙文書の電子管理

 

第4回(2010年)
  「大阪大学医学部附属病院 診療記録の完全電子化の実現
  「佐賀県庁 台帳記録管理システムによる業務改革

第3回(2009年)
  「東京海上日動火災保険 e-文書法による保険契約書の完全電子化
  「日本原燃 長期保存文書類の統合文書情報マネジメント(ECM)の実践

第2回(2008年)
  「江東病院 紙カルテの完全電子化
  「神奈川県民共済生活協同組合 統合文書情報マネジメント(ECM)の実践

第1回(2007年)
  「みずほ銀行 カードローン申込書のe-文書法対応による完全電子化