暗号化

【英】encryption 

 

インターネットなどを通してデータを通信する場合、盗聴や改ざんされる可能性があり、大切なデータを保護するためにはデータを暗号化して送信することが必要となる。

データを暗号化したり、暗号化されたデータを元のデータに戻す(複合化)ためには、鍵と呼ばれるデータを用いる。

暗号化技術には共通鍵方式公開鍵方式がある。
共通鍵方式は、メッセージを送る人と受け取る人が同じ鍵「共通鍵」を持つ必要があり、多数の人が読む必要のある場合、鍵の管理が難しいという欠点を持っている。
これに対し公開鍵方式は、 暗号化するための鍵と復号化するための鍵が異なる方式である。一般には暗合化に用いる鍵を「秘密鍵」とよび、復号に用いる鍵を「公開鍵」とよぶ。「公開鍵」と「秘密鍵」はペアで存在する。