分散保管

 

複数の場所に分けて保管すること。
物を複数の場所に分けて保管することで、一か所に何かが起こっても、複数の場所が同時に被害を受けることはほとんどないため、安全性が高まる。

電子データの場合は、データのコピーを作り、これを複数の遠隔地に分散保管すれば、被害を受けなかったデータから容易に復旧することができるため、事業継続の観点から推奨されている。