文書情報マネージャー

 

 

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が実施する認定制度で、2013年から実施している。
これまでの文書や記録の管理に関する手法は、ほとんどが存在している書類や情報をいかにうまく整理するかに力点が置かれていたのに対し、経営の観点から見た情報の重要性を認識し、どのような情報や記録を残し、活用するかといった、従来にはない視点で文書や記録を取り扱い、管理できる人材を文書情報マネージャーとして認定する

JIIMAが実施している「文書情報管理士」は、主としてサプライヤとしてのメーカー・ベンダー・サービス業向けの資格として位置づけ、大切な文書情報を取り扱うための最適な手段、技術的な知識力を検定している。
「文書情報マネージャー」は、経営の観点から改めて情報の重要性を認識し、従来にはない視点で文書や記録を取扱い、さまざまな情報を経営に活かす人材に与える資格。

詳細はJIIMAのホームページ「簡単にわかる文書情報マネージャー」を参照のこと。