非可逆圧縮

 

電子データの容量を小さくする方法には、「可逆圧縮」と「非可逆圧縮」の二方式があり、非可逆圧縮とは、データを完全には復元できない圧縮方式であるが、一般的に圧縮率は高い。

画像を保存する場合、非可逆圧縮はその適用する強さによって画像品質が劣化するため、実際に電子化した文書を復元し、圧縮によって損なわれる影響が許容できるレベルであることを確認の上使用するが必要がある。