共通鍵(暗号)方式

【英】common key cryptosystem 

 

インターネットなどを通してデータを通信する場合、盗聴や改ざんされる可能性があり、大切なデータを保護するためにはデータを暗号化して送信することが必要となる。この時、データを暗号化したり、暗号化されたデータを元のデータに戻す(複合化)ために共通の鍵を用いるのを共通鍵方式または共通鍵暗号方式と呼び、この時に用いる鍵を共通鍵という。

共通鍵方式は、メッセージを送る人と受け取る人が同じ鍵を持つ必要があり、送信者と受信者は何らかの方法であらかじめ鍵を持っていなければならない。このため、多数の人が読む必要のある場合、鍵の管理が難しいという欠点を持っている。

これに対し、異なる鍵を用いる方法を公開鍵方式とよぷ。