小型メモリーカード

 【英】small memory card

 

記録媒体にフラッシュメモリーを採用しているカード型の記憶装置。小型、軽量で耐震性に優れており、落下、振動などの衝撃に強いことから、モバイル機器の記録メディアとして普及している。データを読み書きする際の電力の消費が少なく、高速データ転送も可能。インテリジェント・コントローラー内臓により、著作権保護機能やIO機能、Eコマース機能などを備えた小型メモリーカードもある。

主な規格には、SDメモリーカード、メモリースティック、xD‐ピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、マルチメディアカード(MMC)、スマートメディアなどがある。

小型メモリーカードは、データの消去、書き込みを自由に行うことのできる不揮発性(電源が切れても内容が消去されない)の半導体のフラッシュメモリーを搭載した小型メモリー装置で、メカニカルな駆動装置が必要ないという大きな利点があるため、消費電力や携帯性が極めて重視されるデジタルカメラやノートパソコン、携帯ゲームプレーヤ、携帯音楽プレーヤ、携帯情報端末、携帯電話などを中心に普及が進んでいる。テレビやホームオーディオなど家庭用機器でも使用されている。

半導体のフラッシュメモリーにはデータ読み書きは自由に行えるけれども、電源を切ると内容が消える「RAM」と、一度書き込んだ、またはあらかじめ書き込んだ内容は消去できないけれど、電源を切っても内容が消えない「ROM」がある。フラッシュメモリーは両者の要素を兼ね備えたメモリーであり、そのフラッシュメモリーを記憶媒体としてカード型にパッケージしたものが小型メモリーカードである。

日本記録メディア工業会ホームページより)