リテンション

【英】retention

 

リテンションとは保持、記憶、記憶力を意味する用語(小学館大辞泉)であるが、文書情報管理では文書データなどの保存期間の事を指す。

一般的に、企業や行政の文書または文書データの保存期間は法律や各企業の文書管理規定で決めらており、例えば、1年、5年、10年、30年、永久保存など、この規定に沿ったスケジュール管理がなされる。このスケジュール管理は、改定履歴等を含む版管理や保存期間、不要情報をためない仕組みとしての廃棄の管理で、これらはリテンション管理とも呼ばれ、IT統制やコンプライアンスの観点で重要視されている。