真正性

読み:しんせいせい
【英】authenticity

 

 

厚生労働省が医療情報システムの安全管理に関するガイドラインで、医療情報の電子保存に対して、「見読性」、「保存性」とともに挙げている必要な条件。

ガイドラインによると、「真正性」とは、正当な権限において作成された記録に対し、虚偽入力、書き換え、消去及び混同が防止されており、かつ、第三者から見て作成の責任の所在が明確であることである。なお、混同とは、患者を取り違えた記録がなされたり、記録された情報間での関連性を誤ったりすることをいう。
また、ネットワークを通じて外部に保存を行う場合、委託元の医療機関から委託先の外部保存施設への転送途中で、診療録等が書き換えや消去されないように、また他の情報との混同が発生しないよう、注意する必要がある。」となっている。

JIIMA法務委員会の「JIIMA電子化文書取扱ガイドライン」(2010年10月)では、次のように定義している。
文書の記載内容が、真実で正しいことを主張できる要件。電子化文書等の故意・過失による虚偽入力、書換え(改ざん・すり替え)、消去、混同、隠滅、破壊などがないこと。かつ改変・改ざん等の事実の有無が確認・検証できることが条件となる。』

 

 


参考 

JIIMA電子化文書取扱ガイドライン 簡易版