RAID

読み:レイド
【英】redundant arrays of inexpensive disks / redundant arrays of independent disks

 

複数台のハードディスクを組み合わせて仮想的に1台として利用することで、主に信頼性の向上を目的として利用する。

RAID はその構成によって、基本的には0 ~ 5 の 6 つが定義されているが、それらの亜種もあるが、一般的に使用されるのは、RAID 0、1、5 の3種である。
サーバ用途には、データの信頼性を重視するためRAID 1 またはRAID 5が主に利用されている。RAID にはいくつかの種類があり、代表的なものは次のものである。

RAID-0:

ストライピング(分散書き込み)とも呼ばれ、複数台のディスクに対し、同時に均等に分散したデータを記録する。このため高速化が図れるが、1台のディスクが故障するとすべてのデータが失われるため、信頼性は低い。

RAID-1:

ミラーリングと呼ばれ、複数(通常は2台)のディスクに同一のデータを記録する。どちらか1台が故障しても、他のディスクにデータが残されているため、信頼性が向上するが、扱えるデータ量は少ない。

RAID-5:

複数台のディスクに対し均等に分散したデータを書きこむが、同時にエラー訂正のためのパリティデータを各ディスクに分散して記録する。1 台のハードディスクが故障しても、残された他のディスクのデータを使うことで、失われたデータを復旧させることが可能となり、最も一般的であり広く使われている。 単純なこれらの構成では、ディスク故障時には迅速なディスクの入替え作業が必要となり、サポート担当者の負担がある。そこで予備ディスクを準備しておき、1台のディスクが故障した時このディスクを自動的に切り離すとともに、他のディスクのデータとパリティデータから必要なデータを復活させ、正常な状態に戻すホットスペアも広く用いられている。

最近では、ハードディスクが1台同時に故障してもRAID-5並みの信頼性を持つRAID-6も普及し始めた。

単純なこれらの構成では、ディスク故障時には迅速なディスクの入替え作業が必要となり、サポート担当者の負担がある。そこで予備ディスクを準備しておき、1台のディスクが故障した時このディスクを自動的に切り離すとともに、他のディスクのデータとパリティデータから必要なデータを復活させ、正常な状態に戻すホットスペアも広く用いられている。